こだわりのどんぶり職人

こだわりのどんぶり職人がいる、山一製陶所

第一回はこだわりのどんぶり職人と題しまして、今でも手造りにこだわっている職人とそのどんぶりをご紹介していきます。
強度磁器チップレスなど工夫された手法で製作されています。


岐阜県土岐市駄知町に窯を構える山一製陶所の市原さん親子です。
この土地で二代に渡り、どんぶりを造り続けています。

最近のどんぶりをはじめとする陶磁器は“ろくろ”などを使わず、すべて機械(全自動)で造られています。

しかし市原さん親子は、そのような流れの中でも今なお伝統を重んじながら、現在も手作業でひとつひとつ強度に気遣いながら陶磁器にこだわり続けています。

→「山一製陶所の仕事風景1」へ

Copyright(C)2005 yamasan miyake. All rights reserved.